家を売る時に疑問に思うこと

ホーム
ローン
土地
仲介業者
仲介
購入希望者
相場
築年数
費用
サイトマップ
仲介


家売却では、不動産会社に仲介をする場合がほとんどになりますが、
その契約内容には、一般媒介、専属、専任媒介契約の3種類があります。

仲介

家売却をする時には、どの契約形態に
することが理想的であるのか
疑問に感じる人も多いようです。

依頼主にとっては、複数の不動産業者に
仲介の依頼をできる一般媒介契約が
一番メリットがあるという意見もあります。

しかし、これに疑問を感じている人も多いようです。

たしかに、複数の不動産業者に同時に依頼ができれば
単純に考えれば家売却の成功確率が上がると感じられるでしょう。

業者を競争させることもできますので、その意味でも
早く家が売れる可能性が高まります。

有利・不利

しかし、不動産業者としては
できることなら専属、専任媒介
契約を結びたいと考えています。

なぜなら、専属、専任媒介契約のほうが
仲介手数料が確実に手に入るからです。

他社にも依頼をされてしまうと、
他社に先に家を売られてしまったら、
仲介手数料は入ってきません。

一般媒介は不動産会社にとってリスクがあるので、
本気を出して販売活動を行ってくれなかったり、
営業のためにかけるコストを削られたり、総合的には
デメリットも発生します。

家売却における疑問として、なぜ複数の不動産会社に
依頼をしたほうが依頼者にとってはメリットがあるのに、
専属、専任媒介契約が結ばれることが多いのか
ということがあげられます。

その疑問の答えとしては、不動産業者側にデメリットが
あるので、結果的に依頼者にとっても良い結果に
ならないことがあるということになります。

そのため、一つの業者に絞って任せることになりますが、
ここで焦って選び方を間違ってしまうと、後悔する結果に
繋がりかねませんので、しっかりと対応をしてくれる
業者を探すための時間は確保しておきましょう。