家を売る時に疑問に思うこと

ホーム
ローン
土地
仲介業者
仲介
購入希望者
相場
築年数
費用
サイトマップ
仲介業者

不動産業者に仲介をお願いする

 

家売却の場合に、不動産業者に買い主を探して貰って
売却契約の仲介つまり媒介をお願いします。

媒介契約には、専属専任と専任、一般の3種類があります。
この3種はどこが違うのか疑問にお答えします。

専属専任は、家売却を依頼する不動産業者を1社に限って、
他の会社には家売却を依頼できない契約です。

もし、売主が自分で買い主を見つけてきても
直接買い主に売ることはできません。

これを自己発見取引の禁止といいます。

自分で見つける

この場合でも、媒介契約を締結している
不動産業者が仲介して売ります。

いいかえると、自分で買い主を見つけても、
不動産仲介料は払わないといけないわけです。

契約期間は3カ月以内で、更新はできます。

専任媒介契約は、専属専任で自己発見取引が
できるようになっている契約です。

業者でない売主が自分で買い主を見つけられるかは疑問です。
しかし、友人や親戚が買いたいという場合もありえます。

契約期間は3カ月以内で、更新はできます。
売主は業者どのように販売活動をしてくれているのか
疑問があるので、業者は、2週間に1回以上(専属専任は
1週間に1回以上)、販売業務状況を売主に
報告する義務あります。

媒介契約を締結してから7日以内(専属専任は5日以内)に
全国の不動産情報を提供する指定流通機構(レインズ)への
登録も義務づけられています。

信頼に応える

一般媒介では、不動産の売却を複数の
不動産業者に依頼することができる
媒介契約です。

自己発見取引もできます。

また、契約期間の制限などもありません。
どの程度頑張って売ってもらえるのか疑問です。

一方、専任媒介契約(専属専任も含め)は、
売主からするとその不動産業者を
信用するということですから、業者側も
信頼に応えるべく一層努力します。

媒介契約では、売れないと仲介料が入ってこないので、
他の業者にも家売却を依頼している一般媒介契約では
お金のかかる広告をしてもらえない可能性もあります。

特に家の売却を急いでいる場合は、専任媒介契約を
お勧めしますが、その際にも業者選びは慎重に行いましょう。
複数の業者に査定を依頼し、信頼できる会社に任せましょう。