家を売る時に疑問に思うこと

ホーム
ローン
土地
仲介業者
仲介
購入希望者
相場
築年数
費用
サイトマップ
築年数

責任を負う

 
家売却を考えた場合に
気になるのは、査定額に
ついてではないでしょうか。

中古住宅の価格相場には、
重要視される項目が複数
存在します。

似たような物件でも価格が異なるなど、
疑問を感じている人も多いものです。

どのように判断されるかという疑問はもっともですが、
家売却には立地条件の良さ、広さや間取り、住設機器のグレード、
建設業者、そして築年数などが判断材料として挙げられ、
査定業者はこれらの項目と住宅そのものの状態を
総合的に判断します。

重要なポイント

査定に影響を与える項目をチェックすることが重要です。

もちろん既に建築されている住宅という関係上、
立地や建築業者を変更することはできませんので
査定額の上昇に繋げることができるポイントは
築年数ということになります。

家売却を決めた場合には、なるべく早目の
行動を始めることがベストであると
いえるでしょう。

基本的には20年を超えた物件の場合には査定額に
プラス面での大きな影響を及ぼすことはありませんが、
築浅物件として人気の高い5年未満の住宅であれば
高付加価値があるとしてプラスに査定されるケースも多いものです。

家売却は早いうちが有利であることには
違いありません。

築年数による価格の影響は思いの外大きいものですので、
始めは売るつもりもなく購入するかもしれませんが、念のため
不動産会社に確認してみると良いでしょう。

売却価格に疑問を感じたり、より高額な
査定を求める場合には、複数の業者からの
見積りを出してもらうということも考えられます。

査定中に業者と立ち会って、どこの部分に
どのような査定をしているのかという
疑問を質問し、納得のいく査定を
受けたいものです。