家を売る時に疑問に思うこと

ホーム
ローン
土地
仲介業者
仲介
購入希望者
相場
築年数
費用
サイトマップ
印紙税


マンションや一戸建てなど、家を購入する際は
多額の資金が必要となりますが、家を売る際にも
多くの費用が発生します。

それゆえ、取引前にはどのような費用が必要となるのか
まずはよく確認しておくことがおすすめです。
価値のある部分

家を売る際に必ず発生するのが印紙税です。

家や土地などの高額な商品を売買する際は
契約書が必要となりますが、この契約書には
印紙を貼る必要があります。

なぜ必要となるのかも知っておきたいですが、
一万円を超える売買の際には税金が発生します。

そして印紙を貼ることでその税金を納付したということになるからです。

ちなみに印紙は郵便局などで販売されています。
できることなら余計な費用の発生は抑えたいですが、
契約をスムーズに行うためには欠かすことのできない出費です。

印紙税はどんな場合も同じ金額というわけではなく、
取引の金額によって、税額はかなり変わってきます。
古くなったもの

10万円以下など比較的少額の取引であれば
200円と安くなっていますが、億を超える
金額となると10万円となり、50億を超えると
60万円も発生することとなります。

取引金額によってかなりの差がありますので、
家を売る際はどれぐらいの印紙税が
発生するのか確かめておくと良いでしょう。

契約書に記載される家の売買金額によって
変わってきますので、その金額に応じた印紙を
用意することとなります。

そして軽減措置もあり、軽減措置が適用されるとより安くなります。

軽減措置は不動産の売買の際には基本適用されることとなります。