家を売る時に疑問に思うこと

ホーム
ローン
土地
仲介業者
仲介
購入希望者
相場
築年数
費用
サイトマップ
購入希望者に

瑕疵担保責任と告知


家売却の際には、どうやって人に見に来てもらうかということも
重要ですが、見に来た人にどれだけ魅力を伝えて関心を
持ってもらうかということも重要です。

ですから、住まいのアピールポイントを明確にして、
伝え漏れがないようにすることが大切と言えます。

なお、ここでよく疑問として挙がってくるのが、家売却時の
不具合に関する情報提供です。

家売却の際に魅力的なポイントを伝えるのは良いとして、
問題点を伝えてしまっては、見に来た人の反応が
悪くなってしまうから、言わない方が良いのではないか
といった疑問を抱く人もいるでしょう。

不具合

 

 

 

 

 

 

 

 

しかし、こういった疑問を抱くのは良くありません。
家売却がうまくいき、見に来てくれた人が生活を始めてから
問題点が出てきたら、売り主が隠していたと
感じる人もいるでしょう。

こういったことが起きると、買い主に不快な思いを
させてしまうのはもちろんですが、それだけではありません。

結果としてどういったことが起きてしまうのかという
疑問を抱く人もいるでしょうが、瑕疵担保責任というものが
ありますので、問題点を隠していた売主側が責任をとることになります。

なお、この瑕疵担保責任というのは、雨漏りなどを自分が
知らないまま売却した場合でも適用されるものですが、
この場合は仕方ないと思ってもらえるかもしれません。

しかし、問題点を知っていながら、それを黙って売却した場合は、
悪質ととられても仕方ありません。

ですから、問題点はきちんと伝えておくことが大切と言えます。

疑問を解消していく

 

 

 

 

 

 

 

隣人との関係が良くないといったことや車の走行音の
大きさなど細かな情報については個人差がありますから、
絶対に伝えなければならないといったレベルの事柄では
ないでしょうが、家の傾きなど建物の不具合やシロアリ被害は
誰にとっても問題でしょうから、きちんと伝えておくことが大切です。

もちろん、問題点を悪いこととして伝える必要はありません。
住みながらどのように対策をしていたのかというとや、
それが原因で家を売るなどといったマイナスポイントは
避けて説明を行うことが重要です。